【2018年 徳山クラウン争奪戦(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2018年 徳山クラウン争奪戦(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2018年 徳山クラウン争奪戦(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2018年 徳山クラウン争奪戦(G1)が開かれる徳山競艇場の概要

徳山競艇場 徳山競艇場(とくやまきょうていじょう)は、山口県周南市にある競艇場(ボートレース場)。
主催者は周南市で、通称は「BOAT RACE徳山」(ボートレースとくやま)。周南市徳山モーターボート競走事業として地方公営企業法の財務規定などが適用されている。実況は二宮淳一氏が担当。
周南市の南部・粭島への入口に位置している。
1953年8月27日に開場。1988年に現在のグレード制に移行して以降は、SGが本場で開催されることがなかったが、2018年に第2回全日本選手権競走依頼64ぶりとなるグランドチャンピオン決定戦競走の開催が決定された。
マスコットキャラクターは、スナメリの「すなっち」で、それにちなんだ「すなっちカップ」が開催されている。過去には、フグをモチーフとしたものがマスコットとして使用されていた。

2018年 徳山クラウン争奪戦(G1)のコース概要

笠戸湾や瀬戸内海に面していることから、水面は海水で、水質はもちろん海水。普段は穏やかな水面だが、大潮時の干満差は約3.5mもある。潮位によってレースの流れが変わり、干潮時はパワー勝負、満潮時は捌き勝負になりやすい傾向にある。
第1ターンマーク側に標高365mの太華山があり、西側の向かい風を遮断することから、この方向の風はほとんなく、ほぼ1年を通して南東からの風が吹く。夏は東側から追い風、秋は南風に近い南南東の追い風となる。
第1ターンマーク・第2ターンマークの見通し線はS字型で、第2ターンマークを若干バックストレッチ側に振ってある。ホーム側の消波装置までの水面幅は60mとかなり広めにしてあるが、慣れていないと初動時の懐が狭いことから、膨れて消波装置にニアミスするケースが見られる。 モーターは減音型機(ヤマト331型)を採用。

2018年 徳山クラウン争奪戦(G1)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率59.8%で決まり手が逃げ96.1%、3着内率が84%超と、インがとても強い傾向にある。しかし、その反面アウトコースがとても弱いのがこの徳山競艇場である。前述のとおり、風向きにより年間を通して追い風となる為、必然的にどの季節でもインコースが強くなる。そのため、インコースを中心に予想を立てるのが得策だと思われる。

ご注意 ※当ページの2018年 徳山クラウン争奪戦(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く