【2018年 北陸艇王決戦(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2018年 北陸艇王決戦(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2018年 北陸艇王決戦(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2018年 北陸艇王決戦(G1)が開かれる三国競艇場の概要

三国競艇場 三国競艇場(みくにきょうていじょう)は、福井県坂井市にある競艇場(ボートレース場)。
主催者は越前市(参入当時は武生市)と坂井市(同坂井郡三国町)が加入している越前三国競艇企業団。通称は「BOAT RACE三国」(ボートレースみくに)。
1953年に開設され、当初は九頭竜川の河口付近に作られていたが、1966年の九頭竜川一級河川昇格。これに伴い、建設省より移転通達が出され、1968年に現在の場所へ移転。かつての九頭竜川河口時代には、「九頭竜の三角波」といわれる全国屈指の難水面で、選手も恐れる競艇場としてしられていた。また、現在の三国競艇場も特に冬場は強風の日が多く、このことからここをホームプールとする選手は風に強いと言われている。 マスコットキャラクターはカニをモチーフとした「カニ坊」。
記念競走を除く開催としては、2003年6月5日より第1レースに「おはよう特賞」が組まれるようになっている。これは1号艇にA級選手、その他の艇にB級選手が組まれる番組である。

2018年 北陸艇王決戦(G1)のコース概要

競走水面はプールで、水質は淡水。夏場は日本海からの海風が、冬場はシベリア寒気団からの強い北風が吹くことから、ホーム追い風の日が多い傾向にある。それによりイン逃げのレースが多い。以前はインコースが強い水面として有名だったが、2001年に第1ターンマークの位置が変更され、幅広い決まり手の発生する水面へと変化した。
逆にターンをした直後に、風を受けて流れる場合はインが敗れる。そのかわりに2、3コースからの差しが決まる。ピットから第2ターンマークまでの距離は150mもあり、コース取りが乱れるようなレースは4、5コースからのまくり差しが決まりやすくなっている。しかしいずれにしても6コースは不利である。

2018年 北陸艇王決戦(G1)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率51.4%で決まり手が逃げ94.1%と平均的な数字を誇る。1コースの3着内率は79.4%で、今でもインが強いことが証明されている。
その一方で、5コースや6コースは季節別に見ても1着率が最も低く、特に6コースについてはどの季節でも1%~2%の間を記録している。
風の影響もあるため、追い風の日にインから組んで舟券を買うことが得策と考えられる。

ご注意 ※当ページの2018年 北陸艇王決戦(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く