【中村 晃朋】選手の特徴・優勝回数・得意コース・戦績などの特徴|競艇

中村 晃朋(なかむら あきとも)

A1級
身長168cm
体重54kg
支部香川
登録期111期
特徴自在
勝率6.29
2連対率40.50%
3連対率60.83%
平均スタートタイミング0.14
フライング回数0回
出走回数143回
優出回数3回

※開催時期によってデータが更新されている場合等がございます

中村晃朋は、香川県出身の競艇選手。香川支部所属で登録番号4739番111期生。

2012年11月16日に丸亀競艇場でデビュー

中村晃朋選手の特徴

2013年9月3日に唐津競艇場での「九州スポーツ杯」(初日)の2Rで、6コースからまくりを決めて初勝利し、2014年11月25日に平和島競艇場で開催された「全国ボートレース専門紙記者クラブ杯」で初優出。

2019年前期のA1昇級後、成績が低迷したことにより、一度はA2級に逆戻りした。その後、妹の中村桃佳選手の活躍や師匠である重成一人選手の指導もあり、2019年7月2日に丸亀競艇場での「第6回ウエスタンヤング」で初優勝。そして2020年前期にA1級に復帰した。

中村晃朋選手は、インコースを得意としていて、1コースでの3連対率は92.3%、2コースでの3着内率は63.6%。主な決まり手はイン逃げと2コースからの差し、そして3コースからのまくり。

中村晃朋選手の【主な主要獲得タイトル】

【SG】獲得タイトル

  • なし

【G1】獲得タイトル

  • なし

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く