【2018年 マスターズチャンピオン(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2018年 マスターズチャンピオン(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2018年 マスターズチャンピオン(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2018年 マスターズチャンピオン(G1)が開かれる福岡競艇場の概要

福岡競艇場 福岡競艇場(かまこおりきょうていじょう)は、福岡県福岡市中央区那の津一丁目にある競艇場(ボートレース場)。福岡市の中心繁華街・天神から徒歩で約10分と近いことから、平和島競艇場(東京都)と並んで、「都市型競艇場」の代表格として挙げられることがある。
通称は、「BOAT RACE福岡」で、2010年度以降にこの通称に変更されているが、条例上の正式名称は「福岡競艇場」のままとなっている。
主催者は福岡市と福岡都市圏広域行政事業組合(筑紫野市・春日市・大野城市・太宰府市・那珂川町・古賀市・篠栗町・志免町・須恵町・新宮町・久山町・粕屋町・宗像市・福津市・糸島市で構成される一部事務組合)。
実況はRKBミューズ所属のアナウンサーが交代制で担当している。
1953年9月26日に初開催が行われた。2004年10月に、福岡競艇場のマスコットキャラクターが定められ、一般公募により「ペラ坊」と命名。2015年10月末ごろに、ペラ坊のガールフレンドに当たるキャラクターが誕生し、一般公募により「ペラ美」と命名。

2018年 マスターズチャンピオン(G1)のコース概要

那珂川と博多湾に面していることから、競争水面は海で、水質は海水または汽水。第1ターンマーク部分のみが、那珂川の河口部に張り出しているという、全国でもめったにない特異な特徴をもつ競争水面である。満潮時には第1ターンマーク付近で海水と淡水がぶつかり合うことにより複雑なうねりが発生し、北や北東の風が強い場合には博多湾からの波も加わり、より複雑なうねりが発生する。
冬場はインに有利なホーム追い風の日が増え、夏場はダッシュ艇に有利なホーム向かい風の日が多くなる。

2018年 マスターズチャンピオン(G1)のコース別入着率&決まり手

本場ではピットから2マークまでが大変近距離に有るため、前づけをするとかなりの深いんになってしまうため、インコースは受難となる。データで確認してもわかる通りで、1コースの1着率が49%とかなり低い。
もしも、本場で1コースの舟券を買う場合は、本場の水面に長けている選手かが重要なポイントとなる。

注意 ※当ページの2018年 マスターズチャンピオン情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。
優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く