【2017年 ウェイキーカップ(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2017年 ウェイキーカップ(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2017年 ウェイキーカップ(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2017年 ウェイキーカップ(G1)が開かれる多摩川競艇場の概要

多摩川競艇場 多摩川競艇場(たまがわきょうていじょう)は、東京都府中市是政にある競艇場。
多摩川土手の北(徒歩約5分)に位置する競艇場で、多摩川河原の砂利採取場であった所をレース場に転用した。施設所有は西武グループの西武建設株式会社であったが、2010年から同グループの多摩川開発株式会社が所有している。
マスコットはカワセミをモチーフとした「ウェイキー」と「リップル」で、「ウェイキー」は航跡を意味する英語の「Wake」に由来しており、マスコットキャラクターの名前を取ったウェイキーカップも開催される。
2008年度の開催から薄暮レースが行われるようになった。減音型モーターが採用されている。

2017年 ウェイキーカップ(G1)のコース特徴

多摩川競艇場は井戸水(プール)を利用した競争水面で、水質は淡水。多摩川が近いので水を引き込んでいると思われがちだが、実際は井戸水を使用している。
対岸に防風林が設置されていることで水面は風の影響を受けづらい。その為に荒れる事もすくニア競艇場。選手や競艇ファンの間では「日本一の静水面」とも言われているコース特徴がある。
エンジンは消音エンジンを使用している。1コースが弱く他の競艇場に比べるとまくりがよく決まることで有名。その為、普段なら優勝戦1号艇はポールポジションと言われているが、有力選手が敗退する事が多く「魔の優勝戦1号艇」「多摩川の優勝戦1号艇には魔物が潜んでいる」とも言われ、最後まで気が抜けないコース特徴となっている。

2017年 ウェイキーカップ(G1)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率46.1%で若干であるが、他の競艇場に比べるとインが弱い。順当で決まりやすいコースだが裏を返せば、波乱があれば超万舟券が出やすいコースであり注意したい。

ご注意 ※当ページの2017年 ウェイキーカップ(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。
優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く