【2018年 九州地区選手権(G1)】まとめ|予想やデータ分析や出走馬など

【2018年 九州地区選手権(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2018年 九州地区選手権(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2018年 九州地区選手権(G1)が開かれる若松競艇場の概要

若松競艇場 若松競艇場(わかまつきょうていじょう)は福岡県北九州市若松区赤岩町にある競艇場。通称は「BOAT RACE若松」(ボートレースわかまつ)
主催者は北九州市と中間市行橋市競艇組合(中間市および行橋市で構成する一部事務組合)で隣接する遠賀郡芦屋町にある芦屋競艇場とは直線距離で日本一近い。
1952年に開設され、翌年(1953年)に「第1回全日本選手権競走」が開催された。 かつては同時開催が不可能だったが、若松新宿舎がピット横に完成した為に若松・芦屋の同時開催が可能となった。
マスコットキャラクターは、大昔に河童が存在したとされている若松にちなんだ「こひめちゃん」。これは「かっぱくん」「わかちゃま」「ひめちゃん」に続く4代目である。それにちなんで若松かっぱ杯争奪戦が行われている。なお、かっぱくんが父、ひめちゃんが母、わかちゃまが兄、こひめちゃんが妹となっている。
実況は、本場と芦屋競艇場、福岡競艇場をRKBミューズ所属の女性アナウンサー6名でローテーションで回している。
2014年度の売上は800億円を超え、全国競艇場最多となるほど人気がある。固定のファンも多い。

2018年 九州地区選手権(G1)のコース特徴

若松競艇場は洞海湾に面した競走水面で、水質は海水。水面はそれほど荒れる事はないが、冬場は荒れる事もある競艇場。
それでも海水を利用しているので潮の満ち引きで海水の流れが発生し風景がバラつく為、スタートタイミングがずれる事がある。その為、コース特徴が似てる住之江競艇場よりインコース艇の勝率が若干劣る。
トップクラスの選手でも大きな変化がみられる海水コースですので、下級クラスの選手では更なる影響が予想される。若松競艇場はこのコースを得意としている選手や戦績が良い選手が有利といった特徴がある。

2018年 九州地区選手権(G1)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率55.5%で決まり手が逃げ92.9%とデータではインが強い。注目したいのが、2号艇の他に5号艇や6号艇の戦績も悪くなく入着率も高い。夏場が第1コースが最も強いのに対し、冬場は波が荒れる為か、1号艇の入着率が下がっており4号艇の入着率が上がっている。

ご注意 ※当ページの2018年 九州地区選手権(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く