【市橋 卓士】選手の特徴・優勝回数・得意コース・戦績などの特徴|競艇

市橋卓士(いちはしたくし)

《主な優勝レース》四国地区選(2015年)

A1級
身長165cm
体重53kg
支部徳島
登録期86期
特徴自在
勝率6.32
2連対率38.80%
3連対率54.76%
平均スタートタイミング0.15
フライング回数1回
出走回数126回
優出回数3回

※開催時期によってデータが更新されている場合等がございます

市橋卓士は、徳島県出身の競艇選手。徳島支部所属で登録番号4063番86期生。同期に中野次郎選手、吉田俊彦選手、萩原秀人選手、金田幸子選手、後藤陽介選手らがいる。

2000年5月に鳴門競艇場でデビューし、2003年6月にびわこ競艇場で初優出、同年7月に福岡競艇場で初優勝。

市橋卓士選手の特徴

2004年2月に丸亀競艇場で開催された「四国地区選」でG1初出場し、2009年1月に鳴門競艇場で開催された「四国地区選」でG1初優出。2015年2月15日に丸亀競艇場で開催された「四国地区選」にてG1初優勝を飾った。

2016年1月29日に多摩川競艇場で開催された「バニラビーンズカップ」4日目の12Rでイン逃げを決めて通算1,000勝を達成した。

市橋卓士選手の【主な主要獲得タイトル】

【SG】獲得タイトル

  • なし(優出1回)

【G1】獲得タイトル

  • 2015年 2月15日 第58回四国地区選手権(丸亀競艇場)

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く