【川上 剛】選手の特徴・優勝回数・得意コース・戦績などの特徴|競艇

川上剛(かわかみつよし)

《主な優勝レース》G1九州地区選手権(2015年)

A1級
身長168cm
体重56kg
支部福岡
登録期91期
特徴自在
勝率6.34
2連対率43.20%
3連対率65.85%
平均スタートタイミング0.18
フライング回数0回
出走回数164回
優出回数3回

※開催時期によってデータが更新されている場合等がございます

川上剛は、福岡県出身の競艇選手。福岡支部所属で登録番号4189番91期生。

優秀な師匠

川上剛選手の特徴

2017年のヤングダービーで優出した仲谷颯仁選手や西山貴浩選手をデビュー当時から育てているほか、B2級続きでクビ寸前であった三原司選手、長尾京志郎選手、阿部慎一選手を弟子として引き入れ、その後見事活躍させたことから「優秀な師匠」とされている。

どのコースからの登場でも連に絡む実力を持っているものの、3コースと6コースからの登場の場合は勝ち切れない状態にある。

川上剛選手の【主な主要獲得タイトル】

【SG】獲得タイトル

  • なし

【G1】獲得タイトル

  • 2015年 2月13日 九州地区選手権(唐津競艇場)

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く