【2017年 尼崎センプルカップ(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2017年 尼崎センプルカップ(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2017年 尼崎センプルカップ(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2017年 尼崎センプルカップ(G1)が開かれる尼崎競艇場の概要

尼崎競艇場 尼崎競艇場(あまがさききょうていじょう)は兵庫県尼崎市にある競艇場。
主催は尼崎市と伊丹市で、通称は「BOAT RACE尼崎」(ボートレースあまがさき)。
阪神本線尼崎センタープール前駅の「尼崎センタープール」とは、この尼崎競艇場のことであり、同名の施設が存在するわけではない。
マスコットキャラクターは、主役で緑のアマガエル「センプル」(名前の由来は「尼崎センター」)、ピンクの女の子カエル「ピンクル」(名前の由来は「ピン=1着が来る」)。目つきが鋭い青のカエル「ぶるたん」(名前の由来はセンターの強い尼崎競艇場においての4号艇=ブルー)の3匹。

2017年 尼崎センプルカップ(G1)のコース特徴

もともと湿地帯であった場所の土地改良を行うために作られた人工池すなわちプールであるため、水質はもちろん淡水。癖が少ないと言われ、バック側が広いコースはカマシを得意としている選手に好まれている。特に尼崎競艇場では年間でホーム向かい風になるのが7割で、思い切ってスリットに突っ込むことができる。
1995年6月29日よりフライング警報装置であるSKS(スタートタイミング完治システム)が使用されていたが、2006年4月1日をもって廃止となった。

2017年 尼崎センプルカップ(G1)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率58.4%で、決まり手が逃げ98.2%となかなか良い結果である。カマシ天国と言われる尼崎競艇場だが、ターンマークはあまりスタンドよりに振られていないことから、風のない日などはインから握って回る選手が有利となることを重点に置くのが得策である。

ご注意 ※当ページの2017年 尼崎センプルカップ(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。
優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く