【2017年 赤城雷神杯(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2017年 赤城雷神杯(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2017年 赤城雷神杯(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2017年 赤城雷神杯(G1)が開かれる桐生競艇場の概要

桐生競艇場 桐生競艇場(きりゅうきょうていじょう)は、群馬県みどり市にある競艇場(ボートレース場)。日本最北に存在する競艇場として知られる。
主催者はみどり市で、通称は「BOAT RACE桐生」(ボートレースきりゅう)。実況は松岡俊道氏他5名。
開場は1956年11月8日と、全国の24競艇場の中では最も遅い開場である。1997年9月20日より競艇場初のナイター競争「アクアンナイト」を実施し、2011年度の開幕となる5月3日より通称を「ドラキリュウナイター」へ変更し、冬季を含めた通年ナイター開催に移行した(かつては4月から10月下旬の期間においてナイター競争を開催していた)。2004年7月に大型映像装置を設置、2005年4月に新スタンド「南ウィング」が完成。同スタンド内には、競艇界では初となる在籍投票席(PISルーム)や畳敷きのグループ席が設けられている。 マスコットキャラクターは、ドラキュラをモチーフとした「ドラキリュウ」で、それにちなんで「ドラキリュウカップ」も開催されている。

2017年 赤城雷神杯(G1)のコース概要

競走水面は沼(人工水)で、水質は淡水。冬から春にかけて「赤城颪」と呼ばれる強い風が吹き、水面が荒れることもあるが、夏は比較的に穏やかであり捲りが効く。しかし第2ターンマークからピットまでが165m(唐津・下関に次いで全国で3番目の長さ)もあることや、第1ターンマークを第2マークタウンを結ぶ直線が客席と平行ではないことなどから、インコースが非常に弱い。
モーターは、減音モーター(ヤマト331型)を使用。また、日本一標高が高い場所(約80m)に位置しているため、モーターのパワー・出足は弱めだが、ハイスピードのレースになりやすい。

2017年 赤城雷神杯(G1)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率47.3%で決まり手が逃げ93.6%と平均的な数字を誇る。1コースの3着内率は76%を超える。他の艇についても、2号艇は57%、5号艇は40%を超えるなど比較的入着率も高い。季節別に見た時、冬季は1コースの入着率50.8%、3着内率が91%超えと非常に良い。

ご注意 ※当ページの2017年 赤城雷神杯(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。
優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く