【2017年 児島キングカップ(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2017年 児島キングカップ(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2017年 児島キングカップ(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2017年 児島キングカップ(G1)が開かれる児島競艇場の概要

児島競艇場 児島競艇場(こじまきょうていじょう)は、岡山県倉敷市南部の児島にある競艇場(ボートレース場)。
1952年に琴海浜に開設された。通称は「BOAT RACE児島」(ボートレースこじま)で、主催は第1施行者が倉敷市、第2施行者が備南競艇事業組合(総社市・早島町・浅口市・里庄町で構成される一部事務組合)。
マスコットキャラクターはアヒルの「ガァ~コ」で、それにちなんで「ガァ~コカップ」が開催されている。 実況はメディアターナーの椛島健一氏が担当。

2017年 児島キングカップ(G1)のコース特徴

児島競艇場は瀬戸内海に面していることから、水質はもちろん瀬戸内海の海水。潮の干満差は2~3メートルで、これによりレースの傾向が変わる。例えば満潮時は水面のうねりの影響が出るのに対し、干潮時には穏やかな水面状況になる。
競争水面の広さは日本の競艇場の中でも屈指で、特にバックストレッチの広さがとても特徴的。
モーターは2010年1月9日からの開催より、大型吸気サイレンサー付きの減音モーター(ヤマト331型)を使用している。

2017年 児島キングカップ(G1)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率54%で、インが驚異的に強いことがわかる。3コースと4コースがほぼ同率で「捲り差し」がよく決まっている。このことから1コースを軸に考えることは間違いないが、3コースと4コースに入る選手の実力やタイプによっては考えようだということがわかる。

ご注意 ※当ページの2017年 児島キングカップ(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。
優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く