【2018年 グランプリ(SG)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2018年 グランプリ(SG)】のデータ分析

始めに このページは【2018年 グランプリ(SG)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2018年 グランプリ(SG)が開かれる住之江競艇場の概要

住之江競艇場 住之江競艇場(すみのえきょうていじょう)は、大阪府大阪市住之江区にある競艇場。
新なにわ筋を挟んで住之江公園および大阪護国神社の西隣に位置にあり、住之江競艇場は競艇のメッカ呼ばれる競艇場。前身の狭山競走場が経営難などの理由で閉鎖されたことで現在の住之江泉に移転し1956年に初開催され歴史がある競艇場の一つ。
この住之江競艇場のみ、エンジンの取付けにおいてバック、トランサムのライナー調整が可能となっている。ライナー調整とはモーターの取り付け位置を変えるための板を挟む位置のことで、調整有無は事前に発表される。
場所が近接している尼崎競艇場とは開催日程が重複しないようになっている。住之江競艇場開場以来、常に多くの競艇ファンに愛されてきた事から「競艇のメッカ」「競艇の聖地」の異名を持つ競艇場。

2018年 グランプリ(SG)のコース特徴

住之江競艇場はプール(工業用水)を利用した競争水面で、水質は淡水。
競艇場の中で住之江競艇場は舟券の売上高が多いので、特に特色はなく平均的なコースです。インも全国でも上位に入る程強いのが特徴です。
コース特徴が平均的な理由は、水面は工業用水を利用しているので波や潮の満ち干きの影響も少なく、開催場もほぼ都心部なので特徴的な風も吹きません。その為、イン選手は更に風の影響を受けにくくスタートを決めやすいのでインが有利に繋がります。
ただ夏のナイターなどはインの入着率が大幅に下がります。熱さでパワーが落ちダッシュが効かなくなるなど、夜で見えにくくなるなど様々な理由が考えられますが1号艇が勝手にスタートで失敗してしまう事が増えます。ただ、平均的な特徴が魅力のコースなので、雨や雪などの影響も受けにくい特徴がありますので、選手にも好かれるコース。
ナイター時間帯になると気温が下がることからモーターのパワーが上がり、インから出足を生かして先攻めに持ち込むレースが多くなり、気温が上がるデイレースはアウトまくりが決まることによって高配当が飛び出しやすくなっている。
かつては1995年8月13日の開催からフライング警報装置(FKS)が使用されていたが、2003年3月2日の開催を以って廃止。

2018年 グランプリ(SG)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率54.2%、3着内率は82.2%とインが強い傾向にある
モーターは減音モーターを使用しているが、パワー不足も関係ない程1号艇が強い。
住之江競艇場は「競艇のメッカ」と称されるにふさわしく、多彩な決まり手が出てくる。同時に平均的なコースなので、オードソックスに舟券を購入したい。

ご注意 ※当ページの2018年 グランプリ(SG)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く