【松下 一也】選手の特徴・優勝回数・得意コース・戦績などの特徴|競艇

松下一也(まつしたかずや)

《主な優勝レース》新鋭王座決定戦(2009年)

A1級
身長167cm
体重55kg
支部静岡
登録期91期
特徴自在
勝率6.90
2連対率55.60%
3連対率67.74%
平均スタートタイミング0.14
フライング回数1回
出走回数124回
優出回数7回

※開催時期によってデータが更新されている場合等がございます

松下一也は、静岡県出身の競艇選手。静岡支部所属で登録番号4207番91期生。

2002年11月13日にデビュー

松下一也選手の特徴

2007年1月15日に浜名湖競艇場で開催された「第8回ビナちゃんカップ」で、3コースから捲りを決めて初優勝を飾った。

2009年1月25日にびわこ競艇場で開催された「第23回新鋭王座決定戦」でG1初優出し、優勝戦で4コースから見事な捲り差しを決めてG1初優勝を飾った。同時に新鋭王座初出場かつ初優勝でもあった。ちなみに、馬場貴也選手は新鋭リーグ戦での優勝歴はなく、いきなりの王座獲得となり、新鋭リーグ卒業の年にのみ出場して優勝したのは平池仁志選手(1999年)以来2人目となる。

どのコースから登場しても、舟券に絡んで1着を獲れる実力を持っている。そのため、外寄りのコースからでも狙えることから、松下一也選手が出走するレースでは買い目に入れておくことが得策であると言える。

松下一也選手の【主な主要獲得タイトル】

【SG】獲得タイトル

  • なし

【G1】獲得タイトル

  • 2009年 1月25日 第23回新鋭王座決定戦(びわこ競艇場)

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く