【森定 晃史】選手の特徴・優勝回数・得意コース・戦績などの特徴|競艇

森定 晃史(もりさだ こうじ)

A1級
身長 168cm
体重 50kg
支部 岡山
登録期 90期
特徴 自在
勝率 6.89
2連対率 50.90%
3連対率 66.88%
平均スタートタイミング 0.15
フライング回数 0回
出走回数 151回
優出回数 7回

※開催時期によってデータが更新されている場合等がございます

森定晃史は、岡山県出身の競艇選手。大阪支部所属で登録番号4172番90期生。

2002年5月10日に児島競艇場でデビュー

森定晃史選手の特徴

2002年5月11日に児島競艇場で開催された「第3回JLCカップ」(2日目)の4Rで、6コースからまくり差しを決めて初勝利し、2007年3月4日に常滑競艇場で開催された「弥生賞」で、イン逃げを決めて初優勝。

2006年1月24日に唐津競艇場で開催された「共同通信社杯 第20回新鋭王座決定戦」(2日目)の1Rで、イン逃げを決めてG1初勝利。

2013年2月18日に宮島競艇場で開催された「日本MB選手会会長杯争奪 ヤング中国ダービー」(4日目)の11Rで、イン逃げを決めて通算500勝を達成。

イン逃げを得意としている選手で、1コースでの勝率は60.6%。一般競走では常に優勝争いに名を挙げていて、どのコースからの登場でも連に絡み、5コース以外では1着を獲れる実力を持っている。

森定晃史選手の【主な主要獲得タイトル】

【SG】獲得タイトル

  • なし

【G1】獲得タイトル

  • なし(優出3回目)

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く