【寺本 重宣】選手の特徴・優勝回数・得意コース・戦績などの特徴|競艇

寺本 重宣(てらもと しげのぶ)

A1級
身長161cm
体重50kg
支部東京
登録期87期
特徴自在
勝率6.32
2連対率43.20%
3連対率67.37%
平均スタートタイミング0.15
フライング回数0回
出走回数141回
優出回数3回

※開催時期によってデータが更新されている場合等がございます

寺本重宣は、東京都出身の競艇選手。東京支部所属で登録番号4086番87期生。

2000年11月8日に平和島競艇場でデビュー

寺本重宣選手の特徴

2001年5月1日に桐生競艇場で5コースからまくり差しを決めて初勝利し、2010年3月16日に江戸川競艇場で開催された「第8回日本モーターボート選手会会長賞」で、3コースから抜きを決めて初優勝。

2013年6月9日に津京定常で開催された「第4回日本モーターボート選手会長賞」2日目の9Rで、イン逃げを決めて通算500勝を達成。

重賞競走での活躍が少ないが、一般競走においては頻繁に優勝争いの一人とされている。どのコースからの登場でも連に絡み、3コースと6コース以外であれば1着を取れる実力を持っている。

寺本重宣選手の【主な主要獲得タイトル】

【SG】獲得タイトル

  • なし

【G1】獲得タイトル

  • なし(優出5回)

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く