【2017年 レディースチャレンジカップ(G2)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2017年 レディースチャレンジカップ(G2)】のデータ分析

始めに このページは【2017年 レディースチャレンジカップ(G2)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2017年 レディースチャレンジカップ(G2)が開かれる下関競艇場の概要

下関競艇場(しものせききょうていじょう)は山口県下関市にある競艇場。
主催者は下関市ボートレース企業局ボートレース事業課。かつての通称及び2017年度現在の正式名称は「BOAT RACE下関」(ボートレースしものせき)で、2010年度にこの通称に変更されたが、条例上の正式名称は2014年度までは「下関競艇場」のままであった。
マスコットは海賊をイメージした「シーボー」で、2010年度3月に当地で女子王座決定戦競争が開催されるのに伴い、ガールフレンドの「シーモー」というキャラクターが加わった。
メインとなるスタンドは、中央スタンドおよび西スタンドで、いずれも全天候型となっている。また、中央スタンドに4階(指定席)および5階(ロイヤル席)に有料座席が設置されている。
2017年4月より、全国で6番目となるナイター開催がスタートし、ほかの競艇場よりも高い位置に設置されたLEDを使用した照明灯により一番明るいナイター場として知られている。

2017年 レディースチャレンジカップ(G2)のコース特徴

下関競艇場は海水を利用した競争水面で、水質は海水。午前中を中心に海水の流水により競争水面にうねりが生じ、捲りが功を奏しなくなる傾向がある。また、海水のため体重差が出にくく、重量級レーサーの豪快なモンキーターンを多く見ることが出来る。
夏はバック側、冬はスタンド側から横風が吹くことが多い。しかしこの横風が曲者で、スタート付近で向かい風が追い風に変わり、思わぬ勇み足(フライング)になることから、一般的なセオリーがあてはまらず、この風を読み切った選手が好成績を残す。
モーターは減音モーターを使用している。

2017年 レディースチャレンジカップ(G2)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率59.3%で決まり手が逃げ94.8%と驚異的な数字を記録している。1コースの3着内率は78%で、コース通りに着順が決まりやすいと思っていいだろう。

ご注意 ※当ページの2017年 レディースチャレンジカップ(G2)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。