【2018年 宮島チャンピオンカップ(GⅠ)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2018年 宮島チャンピオンカップ(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2018年 宮島チャンピオンカップ(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2018年 宮島チャンピオンカップ(G1)が開かれる福岡競艇場の概要

宮島競艇場 宮島競艇場(みやじまきょうていじょう)は、広島県廿日市市にある競艇場(ボートレース場)。宮島の名を関しているものの、所在地はその対岸である本州側の宮島口。通称は、「BOAT RACE宮島」。
主催者は宮島競艇施行組合。1954年11月1日に開場。マスコットキャラクターはサルの「モン太くん」。
施設は近年改装され比較的に新しく、競艇雑誌についてくるクーポンを利用すると、先着数に限りがあるものの2マーク側のB指定席をりようすることができる。また中央スタンド5階にはA(ロイヤル)指定席(席数34)があり、こちらはソフトドリンクが無料の上に、1席ごとに1つのモニターが設置されている。

2018年 宮島チャンピオンカップ(G1)のコース概要

競争水面は海で、水質は海水で、児島競艇場・徳山競艇場・下関競艇場・丸亀競艇場と並び、瀬戸内海の海水を利用したコースとなっている。潮の干満差が大きく、干潮時は防波堤が防風壁の役目をして静かだが、満潮時はうねりが出てボートを操作しづらくなる傾向にある(満潮時はイン有利、干潮時はアウト有利となる傾向あり)。

2018年 宮島チャンピオンカップ(G1)のコース別入着率&決まり手

データを見てみると、1着率は55.1%で、3着内率は70.6%とイン逃げ率がかなり高いことがわかる。インも強いが、「まくり」がよく効く水面である。また、2マークが広いことから、第1ターンマークだけでなく第2ターンマークでも十分に勝負が出来るという特徴を持っているため、接戦レースが多く目が離せない。特に旋回スピードの速いまくり選手に注目。

注意 ※当ページの2018年 宮島チャンピオンカップ情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。
優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く