【2018年 オールジャパン竹島特別(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2018年 オールジャパン竹島特別(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2018年 オールジャパン竹島特別(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2018年 オールジャパン竹島特別(G1)が開かれる蒲郡競艇場の概要

蒲郡競艇場(かまごおりきょうていじょう)は、愛知県蒲郡市にある競艇場(ボートレース場)。
1954年10月に設立(全国24場のうち23番目に開業)。通称は「BOAT RACE蒲郡」(ボートレースかまごおり)。主催者はかつては岡崎市と蒲郡市の2市だったが、2009年度限りで岡崎市が撤退し、現在は蒲郡市のみとなっている。
実況はメディアターナーの高橋貴隆氏が担当しており、演歌で言うところのこぶしを利かせるなどユニークな実況で知られている。
マスコットキャラクターは、蒲郡生まれで半魚人の駆け出し競艇選手という設定を持つ「トトまる」(2008年には派生キャラ「トトまるG」が登場)。他にもトトまるの彼女「キューティートト」やゴントトなどの仲間がいる。このキャラクターにちなんだ「蒲郡トトまるナイト特別」が開催されている。
1999年7月1日にナイター競走が初開催され、2006年からすべてのレースをナイター競走で施行される。なお、これにより売り上げが大幅に増加し、2008年度の年間売上は約1005億7700万円と1000億円を達成し、長く首位の座にいた住之江競艇場を抜いて首位に立つこととなった。以後も、全国の24競艇場の中で売上上位に位置している。

2018年 オールジャパン竹島特別(G1)のコース概要

競争水面はプールで、水質は海水。しかし水門が設置されている関係で、塩分濃度は低く、潮の干満による影響をほとんど受けない。競争水面の広さは日本のレース場の中でも有数で、第1ターンマークのコース幅が156.7mと全国24場の中でも一番広い。
これらのことから、旋回時に対岸にぶつかる危険性が少ない為、全速で旋回する選手も多く、差しよりも捲りがよく決まる。また海の近くに位置する競艇場ではあるものの、湾の内側にあることから風の影響はそれほどなく、安定板の使用頻度も少ない。

2018年 オールジャパン竹島特別(G1)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率50%で決まり手が逃げ92.5%、3着内率が79.2%と平均的な数字を誇る。インコースが逃げ、4コースが捲るなどの展開が多いのだが、3コースの出番は比較的に少なめとなっている。これらのことから低配当レースが多くなるのが蒲郡競艇場である。

注意 ※当ページの2018年 オールジャパン竹島特別(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。