【2018年 戸田プリムローズ(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2018年 戸田プリムローズ(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2018年 戸田プリムローズ(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2018年 戸田プリムローズ(G1)が開かれる戸田競艇場の概要

戸田競艇場 戸田競艇場(とだきょうていじょう)は、埼玉県戸田市にある競艇場(ボートレース場)。
通称は「BOAT RACE戸田」(ボートレースとだ)で、主催者は戸田競艇組合(戸田市、蕨市、川口市で構成される一部事務組合)と埼玉県都市競艇組合(飯能市、加須市、東松山市、狭山市、羽生市、鴻巣市、上尾市、草加市、越谷市、入間市、朝霞市、さいたま市、春日部市、深谷氏、本庄市で構成される一部事務組合)。
戸田漕艇場の西端に位置し、漕艇場を含めた水面は1940年当時に予定されていた東京オリンピックのために整備されたものである。後に1964年の東京オリンピックにおいて、ボート競技の競技会場となったために、1962年から開催が休止されていた。その後1965年より開催が再開された。 マスコットキャラクターは、ビーバーがモチーフで、「勝利(WIN)を呼ぶビーバー」という意味で名づけられた「ウインビー」と恋人役の「ウインク」。

2018年 戸田プリムローズ(G1)のコース概要

戸田漕艇場の西端に位置していることからプールを利用した水面で、水質は淡水。波は一年を通して穏やかである。もともとが漕艇場として人工的に開削された水面であることから、漕艇場としては十分な幅を持っている反面、競艇場としては水面の横幅が107.5mと日本一の狭さを誇る。そのため、水面に慣れていない選手がターンマークの近くでエンストまたは転覆を起こすケースが多く見られ、抜きの醍醐味が失われるケースが見られる。また後述にもあるが、全国24競艇場の中で最もインコースが弱い。

2018年 戸田プリムローズ(G1)のコース別入着率&決まり手

データを見てみると、第1コースの1着率が41.8%と、非常に弱い。これは第1ターンマ-クを大きくホームストレッチ側に寄せていることが関係している。そのため、前づけを行う選手も第1コースまでは入ってこないケースが多い傾向にある。ただし、進入固定的な枠なり進入となり、本場の規則でインコースにダッシュスタートもさせないことにより、勝率のバランスは保たれている。スタートが上手く、インコースの艇を引き波に乗せてくれる選手を中心に考えることが、本場の舟券を買ううえでのポイントとなる。

ご注意 ※当ページの2018年 戸田プリムローズ(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。
優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く