【2017年 全日本王座決定戦(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2017年 全日本王座決定戦(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2017年 全日本王座決定戦(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2017年 全日本王座決定戦(G1)が開かれる芦屋競艇場の概要

芦屋競艇場 芦屋競艇場(あしやきょうていじょう)は福岡県遠賀郡芦屋町にある競艇場(ボートレース場)。
主催は芦屋町(2010年3月まで芦屋町外二ヵ町競艇施行組合(岡垣町・遠賀町)とともに主催)で、通称は「BOAT RACE芦屋」(ボートレースあしや)。
芦屋町内には航空自衛隊芦屋基地が所在しており、町の総面積の半分近くを占めている。これにより、芦屋競艇場は、自衛隊基地設置の見返り的(地域振興策)な要素が強く見受けられる。
1952年11月7日に初開催が行われ、1954年には全国初のオール女子戦「水の女王決定戦」が行われた。なおこの当時の芦屋競艇場は現在地と異なり、遠賀川河口に所在し、水面は遠賀川を利用していた。これにより、荒天によりレース中止が頻繁にあったほか、上流から流れてくる浮遊物に悩ませることとなった。
さらに、1966年に遠賀川が一級河川に指定されたことにより、河川敷に恒久的な水上施設を設置することが不可能になった。またこの当時の芦屋競艇場が、1967年に運輸省(当時)から告示された「モーターボート競走場の構造及び施設の規格」を満たすことが困難となった。これらの事情を受け、現在地に移転。新しい芦屋競艇場は、1969年3月に完成し、同年4月10日に初開催が実施された。 マスコットキャラクターは「アシ夢」で、それにちなんだ「アシ夢ダービー」が開催されている。
2010年7月9日からの開催で業界初モーニングレース「サンライズレース」を実施。当初は10月19日までの夏季限定となっていたが、電話投票利用者などからの反響の大きさから、その後は開催が継続されている。

2017年 全日本王座決定戦(G1)のコース特徴

芦屋競艇場の競争水面はプールで、水質は淡水。かつては、九州5場のうち「最も捲りの効きやすい競艇場」として知られていたが、現在では1コースの勝率が驚くほど上昇している(この事情については後述で触れる)。
第2ターンマーク付近のホームストレッチ側の幅員が70mで、第1ターンマーク付近の幅員は53mとコース幅が25%も狭くなっている。

2017年 全日本王座決定戦(G1)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率61.4%で、インが強い競艇場と考えがちである。しかしこれは、大半のレースで1号艇にA級選手が配置されることによって、人為的に1コースの勝率が高さに繋がっている。
対岸には天然の葦が生えており、選手に安心感を与えて、全速で握ることができるため、「全速まくり」や「全速差し」が幅を利かせている。そのため、芦屋競艇場ではスピード感のある選手が狙い目である。

ご注意 ※当ページの2017年 全日本王座決定戦(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く