【2018年 四国地区選手権(G1)】まとめ|予想や特徴データ分析など

【2018年 四国地区選手権(G1)】のデータ分析

始めに このページは【2018年 四国地区選手権(G1)】の【会場・水面・水質・モーター・好走パターン・コース別入着率・決まり手】など様々なデータをまとめたページです。競艇で勝ち続けるには柔軟な発想で一つのファクターに捕らわれず、総合的に冷静に判断する必要があります。一つの要素に捕らわれすぎると周りが見えなくなってしまい本来見落とさないような事も見落とすリスクが高くなります。当コンテンツの内容が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

2018年 四国地区選手権(G1)が開かれる丸亀競艇場の概要

丸亀競艇場 丸亀競艇場(まるがめきょうていじょう)は、香川県丸亀市にある競艇場(ボートレース場)。
主催者は丸亀市、香川県中部広域競艇事業組合(三豊市・まんのう町・琴平町・宇多津町で構成される一部事務組合)でレース場ロゴなどをはじめ、ひらがなで「まるがめ」と表記されることが多いので注意したい。
マスコットキャラクターは、カメの「スマイル君」で、レース実況はメディアターナーの梶西達が担当している。
また、3階指定席はマリンシート、4階ロイヤル席にスカイシートという愛称が付けられ、キャッシュレス会員のBカード会員であれば最上階のスカイシートでの在席投票も可能になり丸亀競艇場は人気を博している。
2009年4月21日に全国の競艇場では5か所目及び中四国の公営競艇場としては初となるナイター競走「まるがめブルーナイター」がスタート。なお、桐生競艇場・蒲郡競艇場・若松競艇場・住之江競艇場の照明塔の形は横長だが、丸亀競艇場の照明塔は横浜スタジアムにあるソレと同じ形のものを採用している。

2018年 四国地区選手権(G1)のコース概要

競走水面は海で、水質は海水。一般的にイン(1コース)が強い競艇場として全国的に有名。ただし、インコースの勝率が高いというわけではなく、3着以内にインコースが入ってくる確率が高いというのが実際の解釈である。また、インと2コース(壁役)に強豪選手が入ると2017年 オーシャンカップ(SG)はオッズが極端に偏るので、SGとは別の一般戦では番組の編成者が配慮してインに強い選手が固まらないようにしているようである。水面は石垣で囲まれていて綺麗である。また潮位差が大きいのが特徴の競艇場であるため、水位に応じて大時計等の高さが変わるようになっている。

2018年 四国地区選手権(G1)のコース別入着率&決まり手

データで確認すると1コースの入着率53.4%で決まり手が逃げ94.6%と驚異的な数字を誇る。1コースの3着内率は81%を超えており、まず舟券から外すのは得策ではないだろう。インコースの3連対立が高めであるなど、インが強い競艇場なので一般戦でもインを中心に舟券を購入したい。

ご注意 ※当ページの2018年 四国地区選手権(G1)情報は過去データをを元に分析して作成しておりますのであらかじめご了承下さい。万一、当サイトに掲載されている情報及び内容に含まれる誤りによって被害・損害等が発生したとしても、当サイトは一切責任を負うものではありません。
優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く