【西島 義則】選手の特徴・優勝回数・得意コース・戦績などの特徴|競艇

西島義則(にしじま よしのり)

《主な優勝レース》総理大臣杯競走(1997年、1998年)・グランドチャンピオン決定戦競走(2000年)・オーシャンカップ競走(2000年)・モーターボート記念競走(2000年)・競艇王チャレンジカップ競走(2001年)・笹川賞競走(2002年)

A1級
身長166cm
体重58kg
支部広島
登録期49期
特徴自在
勝率6.71
2連対率56.00%
3連対率71.33%
平均スタートタイミング0.16
フライング回数0回
出走回数150回
優出回数4回

※開催時期によってデータが更新されている場合等がございます

西島義則は、島根県出身の競艇選手。広島支部所属で登録番号3024番49期生。

「イン逃げの西島」「インの鬼」

西島義則選手の特徴

たとえ6号艇での登場であろうと、どんなにピット離れが遅れようとも、前づけで内寄りのコースを狙う選手であり、それに由来した上記2つの異名を持っている。

西島義則選手が繰り出すインモンキーは、頭が水面に突っ込みそうな程の深い前傾姿勢をとることから、それをペリカンになぞらえて「ペリカンモンキー」と呼ばれている。

2016年2月22日に通算100人目となる2000勝を達成し、翌年には全24場制覇を達成した。

西島義則選手の【主な主要獲得タイトル】

【SG】獲得タイトル

  • 1997年 3月20日 第32回総理大臣杯(住之江競艇場)
  • 1998年 3月22日 第33回総理大臣杯(丸亀競艇場)
  • 2000年 6月25日 第10回グランドチャンピオン決定戦競走(下関競艇場)
  • 2000年 7月20日 第5回オーシャンカップ競走(宮島競艇場)
  • 2000年 8月27日 第46回モーターボート記念競走(若松競艇場)
  • 2001年 11月25日 第4回競艇王チャレンジカップ競走(児島競艇場)
  • 2002年 6月2日 第29回笹川賞競走(尼崎競艇場)

【G1】獲得タイトル

  • 1989年 1月30日 第3回新鋭王座決定戦(尼崎競艇場)
  • 1990年 開設36周年記念 宮島チャンピオンカップ(宮島競艇場)
  • 1992年 開設37周年記念 オールジャパン竹島特別(浜名湖競艇場)
  • 1993年 開設41周年記念 つつじ賞王座決定戦(津競艇場)
  • 1994年 開設41周年記念 徳山クラウン争奪戦(徳山競艇場)
  • 1994年 12月23日 第9回賞金王シリーズ戦(住之江競艇場)
  • 1996年 蒲郡競艇場施設改善記念(蒲郡競艇場)
  • 1997年 5月18日 全日本王座決定戦(芦屋競艇場)
  • 1999年 6月13日 開設47周年記念 つつじ賞王座決定戦(津競艇場)
  • 2000年 9月17日 ダイヤモンドカップ(蒲郡競艇場)
  • 2000年 12月5日 開設47周年記念 北陸艇王決戦(三国競艇場)
  • 2001年 7月10日 開設49周年記念 京極賞競走(丸亀競艇場)
  • 2001年 11月6日 開設47周年記念 宮島チャンピオンカップ(宮島競艇場)
  • 2002年 10月9日 開設48周年記念 北陸艇王決戦(三国競艇場)
  • 2007年 3月11日 開設50周年記念 戸田グランプリ(戸田競艇場)
  • 2010年 4月18日 第11回競艇名人戦競走(徳山競艇場)

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く