【関浩哉】選手の特徴・優勝回数・得意コース・戦績などの特徴|競艇

関浩哉(せき ひろや)

A1級
身長 156cm
体重 49kg
支部 群馬
登録期 115期
特徴 自在
勝率 6.20
2連対率 46.90%
3連対率 62.60%
平均スタートタイミング 0.16
フライング回数 1回
出走回数 115回
優出回数 3回

※開催時期によってデータが更新されている場合等がございます

関浩哉は、群馬県出身の競艇選手。群馬支部所属で登録番号4851番115期生。

ヤングダービーの最年少覇者!

関浩哉選手の特徴

やまと学校時代の勝率は6.44。リーグ優出3回の記録を持つ。

2014年11月6日、桐生競艇場で開催された一般戦「第36回デイリースポーツ杯」初日第6Rでデビュー。

2015年2月21日、平和島競艇場で開催された一般戦「第4回マルコメ杯」初日第2Rで初勝利を飾る。

2018年9月19日、浜名湖で開催された G1「第5回ヤングダービー」で初優勝。
G1で初優勝を決めたのは、1988年に四国選手権を制した山下将人選手以来、史上2人目であり、プレミアムG1では史上初。
またこの優勝でヤングダービーの最年少覇者となった(2019年時点)。

関浩哉選手はインコースを得意とする選手であり、過3回の優勝レースは全てインコースでの登場である。

平均スタートタイミングは0.16で、平均的なスタートタイミングとなっており、スタート事故は非常に少ない。

主に一般戦で活躍している選手で、インコースからの登場では連に絡み、高確率で1着を獲れる実力を持っている。

関浩哉選手の【主な主要獲得タイトル】

【SG】獲得タイトル

  • なし

【G1】獲得タイトル

  • 2018年9月24日 第5回ヤングダービー(浜名湖競艇場)
ボートチェス 口コミ・捏造・評価まとめ

優良競馬予想サイト悪質競馬予想サイト 競馬メディアへ行く